Search By Topic

SEARCH BY TOPIC



日本学術会議 Future Earthの推進を提言

本提言は、持続可能な地球社会の実現に向けた学際・超学際研究の推進を、科学コミュニティと社会の関係者に強く促すことを企図しています。

提言ではまず、Future Earthが生まれた背景や運営体制、優先研究課題などを概説し、実際に研究を推進する基盤として始動したKnowledge-Action Networks (KANs、和訳:「知と実践のためのネットワーク」)の立ち上げ状況について報告しています。

次いで、これまでの国内における地球環境変化研究の国際プログラムへの取り組みや貢献を踏まえ、今後Future Earthに関して日本がとるべき方向性を、研究手法とプラットフォームの創出の観点から示しています。

さらに、学際・超学際研究推進のための研究・教育体制の構築や、国際的リーダーシップを果たすための体制の構築に向けた提言に加え、日本の強みを生かしつつ、特にアジアで解決すべき喫緊の優先課題を、Future Earthの掲げる課題やKANsとも関連付けて具体的に例示しています。

 

提言「持続可能な地球社会の実現をめざして-Future Earth(フューチャー・アース)の推進-」

日本学術会議 ウェブサイト

 

DATE

April 4, 2016

AUTHOR

Future Earth Staff Member

SHARE WITH YOUR NETWORK