Search By Topic

SEARCH BY TOPIC



名古屋大学フューチャー・アース研究センターを開設

本記事は、東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)2018年4月19日付け記事を一部編集の上、転載したものです。

2018年4月1日、名古屋大学にフューチャー・アース研究センターが発足しました。当研究センターの目的は、名古屋大学における世界をリードする地球環境研究・森林生態研究・持続可能な地域開発研究等の実績をベースに、国際学術プラットフォームであるフューチャー・アースの取組みに名古屋大学として組織的に参画し、フューチャー・アースに関連する地球規模課題の解決と SDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献することです。

FEの理念である、①問題解決志向、②効果的学際連携、③研究デザイン・研究生成における超学際を具体的な研究課題において実践し、世界の学術界に範を示します。センター設立後の事務は、当面の間、環境学研究科事務部が担当します。センターは、まず5年間(2018年4月1日から2023年3月31日まで)の設置を予定しています。

名古屋大学フューチャー・アース研究センター

フューチャー・アース研究センター設立記念として、事前にキックオフワークショップ「名古屋大学におけるフューチャー・アース研究の最前線」が3月12日(月)に開催されました。環境学研究科長岡本耕平氏から研究センターの目的とワークショップの趣旨について説明したあと、フューチャー・アースに関連した個々の研究事例について話題提供があり、後半のレクチャーでは、日本、世界のフューチャー・アース研究の状況はどうなっているか、そうした枠組みのなかで、どう取り組んでいくべきかについて議論が行われました。

ワークショップの様子

参考資料

フューチャー・アース研究センターの概要
ワークショップ「名古屋大学におけるフューチャー・アース研究の最前線」開催報告

 

 

DATE

April 26, 2018

AUTHOR

FutureEarth Staff Member

SHARE WITH YOUR NETWORK