Search By Topic

SEARCH BY TOPIC



グローバルカーボンプロジェクト 2018年 炭素収支を発表

グローバルカーボンプロジェクト(Global Carbon Project: GCP。主に炭素循環を扱うFuture Earthの主要プロジェクトの一つ)は、12月5日、2018年の化石燃料の利用による二酸化炭素排出量が2年連続で増加し、増加率は2.7%になるとの見通しを発表しました。これは、同プロジェクトが報告書「2018 Global Carbon Budget」として取りまとめ、地球温暖化対策を話し合う国連の会議「国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(UNFCCC COP24)」(ポーランド・カトヴィツェ)に合わせて発表したもので、パリ協定の目標達成のため、経済活動全体においてCO2削減に向けた対策を強化することを訴えています。

「2018 Global Carbon Budget」に関する論考は同時にNatureなど下記の3誌でも発表されています。

Future Earthのウェブサイトでは、著者らのコメントと、国ごとのCO2排出量の状況とその背景など、2018 Global Carbon Budget のハイライトを紹介しています。

DATE

December 5, 2018

AUTHOR

FutureEarth Staff Member

SHARE WITH YOUR NETWORK