Search By Topic

SEARCH BY TOPIC



セミナー:「持続可能な社会に向けた転換」を二つの学際的視座から考える

Future Earthの評議会メンバーの1つ、ベルモント・フォーラム※1による「持続可能な社会に向けた転換」(Transformations to Sustainability: T2S)研究助成に採択され、新たに始まった2つの学際研究プロジェクトの代表者が、持続可能な未来を実現するために根本的な転換が求められる社会と自然環境との関係性のあり方について議論を交わします。(※1:地球環境変動研究を行う主要先進国・新興国の研究助成機関の集まり)

本セミナーは、「ワーヘニンゲン大学×京都大学 学術交流協定締結記念セミナー」として、京都大学にて下記の要領で行われます。


日時: 2018年9月28日(金)10-12時

会場: 京都大学吉田キャンパス学術研究支援棟 1階セミナー室 (吉田キャンパスマップ

登録はこちら: goo.gl/wjCLhT

プログラム(予定):
9:45 受付開始

10:00 開会挨拶および講演者の紹介  久野秀二 教授 (京都大学経済学研究科)

10:10 講演1”The Conservation Revolution: Radical Ideas for Saving Nature beyond the Anthropocene”
Prof. Bram Büscher (Sociology of Development and Change, Wageningen University, The Netherlands) 

10:50 講演2 “Transformation as Praxis: Exploring Socially Just and Transdisciplinary Pathways to Sustainability in Marginal Environments (TAPESTRY)”

大手信人教授(京都大学情報学研究科)

11:30 ディスカッション

12:00  終了

セミナー詳細は添付資料を参照ください。