Search By Topic

SEARCH BY TOPIC



金融とアカデミアとの対話ワークショップ報告書を発行

国立環境研究所とFuture Earth国際事務局日本ハブは、2022年2月8日、報告書『将来のために、今できることは何か? 金融界とアカデミアの対話から』を発行しました。

金融の脱炭素化(ネットゼロ金融)の世界的潮流が加速する中、2021年11月、日本国内の金融業界と国立環境研究所をはじめとする研究者がオンラインで2日間にわたるワークショップを開催し、率直な意見交換を行いました。本報告書はその概要をまとめたものです。ワークショップでは、金融業界関係者、行政関係者、研究者それぞれの取り組み、悩みや課題を共有することができ、今後の継続と強化が必要であるという共通の問題意識を得ることができました。今後も継続的な議論と連携の枠組みを作り、具体的な可能性を探るとされました。

本ワークショップの企画から報告書のまとめは、国立環境研究所の亀山領域長と金融側を含むコアメンバーのリーダーシップにより進められたものです。また、報告書のデザインは、フューチャー・アース日本委員会メンバーでもあるLUCKY Fountain有限会社にご協力いただきました。

今後、英文報告書も作成し、国際的にも広く発信する予定です。

皆様からのご意見、今後の取組へのご参画を歓迎いたします。

プレスリリース

https://www.nies.go.jp/whatsnew/20220208/20220208.html

報告書(下記URLよりダウンロードをお願いします)

https://www.nies.go.jp/social/news/report202202.html